農業環境工学研究室

教授 大場和彦

【研究分野】

長崎県内の大学で農学の研究を実施している唯一研究室で農工連携研究の一環として、長崎県内の耕作放棄地の有効利用と地域の活性化を目的として建築 業界の再編を含めてオリーブ栽培の適地性の評価のため、気象観測や土壌水分の測定を実施している、さらに、母なる大村湾の環境保全を目的として、過剰繁茂 するアナアオサの多目的利用を図るため、肥料と飼料に向けて研究を実施し、商品化に取り組んでいる。一方、地球温暖化に向けて水稲の高品質化の要因解明と 長崎県内における温暖化の要因について解明を実施している。下水汚泥のメタン発酵に伴う消化液の有効利用に関する研究として水稲の栽培において生育と体内 の養分動態について解明に着手している。

【メッセージ】

当研究室は、農学研究を実施しており、いろんな作物栽培やアイガモ農法などに取組んでおり、さらに学会等で研究発表を積極的に行う体制を整えています。まずは、農業研究関係に興味がある方はぜひ見学に来て下さい。