環境・情報システム研究室

講師 蒲原新一

【研究分野】

我々の身の回りには持続発展可能ではない環境が多く存在しています。これらの課題を解決していくためには持続可能な開発のための教育 (Education for Sustainable Development;ESD)への取り組みが必要です。このESDを社会において実行してくための環境や情報のシステムを構築・実践しています。

  • ESDに関連したデータ収集を目的としたシステム開発
  • ESDの実施環境の構築と評価
  • 環境と福祉の分野間連携によるESDの展開
  • 環境分野で活かせる情報システムの構築
  • 省エネルギーシステムの構築

【メッセージ】

本研究室は社会との係わりを重要視しています。社会や多くの人々と係わりを持つことで多様な情報に触れることができ、それらを活用した情報システムや社会システムの構築を目指し、それらを社会へ還元していきたいと考えています。