「生態系調査法」

2年生前期の科目「生態系調査法」では、実際に野外に出かけ、生物調査を体験し、その結果をプレゼンテーションすることで、計画力、実行力、情報収集力、情報発信力、チークワーク力(?)を高めていきます。毎年5月には、長崎市南端の野母崎で潮間帯生物調査をしているのですが、今年は天候が悪く、磯での活動の安全性が確保できなかったため実施できず、大学前の海岸で簡単な調査をするだけになってしまいました。一方6月には大学近辺の耕作地・林縁地帯で陸上動物調査を、予定通り行いました。プレゼンテーションでは、調査の目的について、どのような動物(主に昆虫)が見られたのか、その生態や行動の紹介、そこでの食物連鎖などの考察を紹介してもらいました。