「エコライフフェスタ」で木工教室

2015/10/25

長崎市が水辺の森公園で開催する「ながさきエコライフフェスタ」に今年もブースを出しました。内容は、学内の木を切ったときに出る枝を使って「首から提げるもの」を作るというもので、女の子にはペンダント、男の子にはメダルと言うとしっくりくるようです。

今年は繁宮研究室のゼミ生を中心に、他のゼミ室からも助っ人が加わり、10時から16時までひっきりなしに子どもたちの工作を手伝います。

今年はテントの下でしたが、去年は木の下でやりました

今年はテントの下でしたが、去年は木の下でやりました

使う工具は、のこぎり、なた、ホットボンド、ドリル

使う工具は、のこぎり、なた、ホットボンド、ドリル

お昼ご飯を食べることができないくらい忙しく、子どもに代わってのこを挽くことも多いので、クタクタになるのですが、子どもたちが楽しんでくれるので大変やりがいがあります。